角田裕毅の年収がヤバい!実家も金持ちで父は元レーサーの経営者!

スポーツ
スポンサーリンク

F1レーサーとして若干20歳ながらその実力に期待されている角田裕毅選手。

F1レーサーというと危険と隣り合わせのイメージもありますが、気になるのは角田裕毅選手の年収という方も多いのではないでしょうか?

F1レースでは勝てば数十億円の賞金がもらえることでも知られ、角田裕毅は金持ちで年収も高いのではないかと予想ができます。

しかしそこにたどり着くまでにはある程度実家も金持ちでないと難しいですよね…

角田裕毅選手のご実家について調べてみたところ、父親が過去にレーサーで今は経営者ということも判明しました!

そこで今回は、角田裕毅の年収や実家は金持ち?父親は元レーサーで経営者!ということについてまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

角田裕毅の年収がヤバい!

角田裕毅選手は現在20歳ですが、年収はどのくらいなのか気になりますよね!

調べてみたところ、角田裕毅選手はまだ20歳ながら実は年収は5000万円ほどあるそうです。

20歳にしてすでに5000万の年収( ゚Д゚)!!

確かにF1レーサーと言えば、かなり稼いでいるイメージがあり、数十億円の賞金が出る大会もありますよね!

モータースポーツは、車メーカーなどが関わっているため、莫大な費用をかけられるスポンサーも多いことからF1レーサーや大会にお金をかけることができるといわれてます。

20歳というと大学生か社会人としてもまだ1~2年目ぐらいですよね。

20歳でのサラリーマンの年収は平均して279万円だそうです。

となると角田裕毅選手はこの18倍近くになり同年代からすると年収が数十倍あるということになり、角田裕毅選手ご自身もお金持ちといえますね!

スポンサーリンク

角田裕毅の実家も金持ち!

角田裕毅選手がF1を始めるきっかけになったのが、ご両親の存在だったそうです。

ご両親のサポートや実家がある程度金持ちでないと、たとえF1レーサーになりたい!と思っても難しいですもんね…(;^_^A

角田裕毅選手は4才の頃からモータースポーツを始めたので、その頃から約16年に渡るドライバー歴や数々の試合出場、海外への遠征費や練習などを考えると、かなりお金がかかっていることと思います。

角田裕毅選手がイタリアでのレースの時にはご両親もイタリアまで来たほど!

この時は角田裕毅選手はレースに出れませんでしたが、イタリアまで応援に来れるというのもお金持ちだからこそですよね!

余談ですが、F1ドライバーというのは才能うんぬんの前に、お金がなければ夢見ることさえ叶わない世界といわれています。

しかもその金額というのが、「億」は軽く必要になるというのだから驚きですよね( ゚Д゚)!

だとしたら角田裕毅選手の実家は、かなりの資産家・お金持ちという可能性が改めて高いといえそうです。

この証拠に、角田裕毅選手は、幼稚園・小学校と学費だけで年間100万円以上余裕でかかってくる、インターナショナルスクール出身なのです!

インターナショナルスクールといえばお金持ちのイメージがありますよね(^▽^)/

さらに角田裕毅選手はモータースポーツを始めたのは4歳からで、これも年間の必要経費は数百万以上かかるといわれてます。

角田裕毅選手のご両親が何歳まで金銭面でサポートしたのかは不明ですが、2018年にホンダの育成ドライバーに選ばれるまでとしても13~14年。

もちろんその過程でのスポンサーや賞金などはありますが、だとしても相当額の先立つお金がないと実現不可能なことといえますよね。

F1でもスポーツでも企業スポンサーがいることも多いですが、それは実績が出てからつくことが多く、モータースポーツへの費用は角田裕毅本人もしくは両親が負担していた可能性が高いのではないでしょうか?

デビューも華々しく飾りF1ドライバーとして歩み出した角田裕毅が金持ちでもあるのは、間違いなく角田裕毅選手のご実家が金持ちで基盤があったからといえそうです。

角田裕毅の父親は元レーサーで現在は経営者

角田裕毅選手のお父様の名前は角田信彰さんです。

角田裕毅選手のお父様は若い頃「ジムカーナ」という競技をしていた元レーサーです。

ジムカーナってどんなスポーツ?という方のために簡単に説明を載せておきますね!

【ジムカーナとは?】

既定のコースを1台ずつ走り、タイムを競うモータースポーツ。

他の車両とデッドヒートを繰り広げるわけではないので安全ですし、普段使っている車を使用してもいいので、レース参加までのハードルが低いことでも人気。

 

父親の角田信彰さんは、1980年代~休止する1996年までこのジムカーナという競技で活動していたことが判明しました。

お父様もジムカーナのイベントなどに呼ばれるほど実績があったようです(^▽^)

その実績とは、神奈川チャンピオン・関東チャンピオンと順調に勝ち上がり、全日本ドライバーにまで駆け上がったトップレーサーという素晴らしい経歴!

ネットで見られる情報としては、1996年に開催されたJFA全日本ジムカーナ選手権第8戦で、19台中6位という成績を残していました。

このような競技活動は社会人と並行しながらでも、本業で別にお仕事をしていたようです。

角田裕毅選手のお父様の当時のお仕事は「ボルボ」の横浜支店で車の販売をしていました。

その後、保険の代理店業をはじめるために東京海上に入社。

3年間の研修があるため、ここでジムカーナは休止したようです。

そして角田裕毅選手のお父様の現在は、東京海上日動の保険代理店として独立する経営者です!

取り扱っている保険の種目は、「自動車保険」「火災保険」「傷害保険」「生命保険」「超保険」など。

そして保険代理店の経営者は、やり手のオーナーなら年収数千万はくだらないといわれていますが、角田信彰さんは独立してすでに20年近く経っているベテラン経営者です。

ジムカーナの最高峰レベルで活躍してましたし、それ以外にもかなりアクティブな人物のようなので、仕事もバリバリできる方なのかもしれませんね!

前職のボルボでは13年間働ていたようなので、そこでの人脈や営業ノウハウ、なにより息子である角田裕毅選手の父としての話題性は、同じ車関係の自動車保険などで大いに使えそうですよね(笑)

また「相模原グリーンロータリークラブ」の会員でもある角田裕毅選手のお父様。

ここでも強烈な横のつながりができるのではないでしょうか?

さらに詳しく調査すると、角田裕毅選手のおじいさまも保険業を行っていたそうです。

であれば、おじいさんの代から付き合いのある顧客が一定数いるのではと推測できます。

あとは一般人には縁遠い、ロータリークラブに入会できること自体、お金持ちであることの証拠だと思います。

やはり角田裕毅選手のご実家はかなりのお金持ちのようですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回はF1レーサー角田裕毅選手の年収がヤバい!実家も金持ちの真相についてまとめてみました。

角田裕毅選手の活躍の裏にはご実家の両親の支えあってのことなのですね!お父様も元レーサーとのことで角田裕毅選手にとっては頼もしい存在なのではないでしょうか?

今後も角田裕毅選手の活躍から目が離せません!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました