田澤廉(駒沢)のネックレスやシューズはどこの?令和の怪物の評判も!

スポーツ
スポンサーリンク

大学駅伝大会で常に優勝候補に名前があがる大学といえば駒澤大学!

その名門駒澤大学のキャプテンとしてチームを引っ張るのが田澤廉(たざわ れん)選手です。

田澤廉選手は大八木監督からの信頼も厚く、チームの大黒柱として駅伝大会での走りが注目されていて、陸上ファンからは『世界のレンタザワ』とよばれるほど!(笑)

世界レベルといわれる田澤廉選手の経歴、気になりますよね!!

また、田澤廉選手の試合の時に着用してるネックレスやシューズはどこの?と気になる方も多くネットでも話題になっています。

そこで今回は駒沢大学陸上部、田澤廉選手の着用してるネックレスやシューズはどこの?世界レベルの田澤廉選手の経歴がすごい!としてご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

田澤廉のネックレスやブレスレットはどこの?

大学駅伝や箱根駅伝などで駒沢の田澤廉選手が着用してるネックレス。

陸上ファンとしてはどこのメーカー?と気になる方も多いと思います!

確かに駒沢、田澤廉選手の画像を見てみると、2つのスポーツネックレスをつけていますね!

このスポーツネックレスはファイテン社の物になります。

駒澤大学陸上部はファイテン社がサポート企業となっており、田澤廉選手だけではなく、多くの選手がファイテン社のスポーツネックレスをつけています。

田澤廉選手の先輩でもある村山謙太選手もファイテンの同じタイプのネックレスを愛用してるんですよ(^▽^)/

田澤廉選手が着用している黒いチェーン状のネックレスは『炭化チタンチェーンネックレス』です。

チタンの表面をスパッタリング加工し炭化チタンをコーティングしてあって、電気加工もされており、スポーツ時のパフォーマンス向上や、肩こり防止の効果が高いです。

ファイテンといえばスポーツ科学なども研究されてるメーカーなだけに駒沢、田澤廉選手にとっても手放せない使い心地なのかもしれませんね。

田澤廉選手が愛用してるもう一つの、透明の数珠風ネックレスは『チタン水晶ネックレス』です。

水晶表面にチタンをコーティングし、、特殊な電気加工が施されているんだとか!

どちらも金属アレルギーの少ない素材でできているため、スポーツ時に汗をかいても大丈夫なのがよく汗をかく陸上選手にとっても嬉しいですよね。

また、駒沢の田澤廉選手は左手首にもブレスレットをしています!

引用元:ファイテン

こちらもきっとファイテン社の商品だと思われ、形状からして商品名は『チタン水晶コンビブレス』です。

神秘的なパワーがあると珍重されてきた水晶にチタンがコーティングされており、更にチタンボールを1玉配置してあります。

水晶系のアイテムはなんとなく仏教系の駒沢ならではな気も…!?(笑)

ネックレスと、ブレスレットのダブルの効果でパフォーマンスをより高めることができるのではないでしょうか。

田澤廉(駒沢大学)の赤いネックレスは?

田澤廉選手はこのほかにも赤いネックレスを身に着けてる時もあります!

赤とシルバーのダブルネックレスはいつも身につけているアイテムのようですね。

色味的にも存在感があり着用してると目立つ印象が…!!

この赤い数珠のようなネックレスも、ファイテンのEXTREMEクリスタルタッチだと思われます(^▽^)/

赤いネックレスは去年も駒沢の選手をはじめ、多くの選手が身につけていた人気のデザインのようです!

スポンサーリンク

田澤廉(駒沢大学)のシューズは?

田澤選手のシューズも毎回大会のたびに話題になるほど注目されてます!

左右色違いのデザインとカラーで気になりますよね!

こちらは何かと調べてみると・・・


こちらも調べてみたところ、駒沢の田澤廉選手以外にも多くの選手が履いているシューズだそうです!

田澤廉選手のシューズは、昨年までズーム マトゥンボ3ズームエックスドラゴンフライを履いていたそうです。

2021年全日本大学駅伝には、こちらのエアズーム アルファ フライ ネクスト%を履いています(^_-)-☆

2022年の箱根駅伝も駒澤のキャプテンとしてこのシューズと共に駆け抜けるのか今から楽しみですね!

田澤廉選手が着用してたエアズーム アルファ フライ ネクスト%のピンクも多くの選手が着用しており、何と使用率が8割以上という人気ぶり( ゚Д゚)!

また2022年の箱根駅伝で田澤廉選手が着用し注目されればバカ売れ間違いなしですね!

スポンサーリンク

田澤廉(駒澤大学)の経歴

長距離界では学生ナンバーワンとも言われている世界のレンタザワこと田澤廉さん!

田澤廉選手が陸上競技をはじめたのは小学校のころだそうです。

田澤廉選手が小学4年と5年生の時、ちびっ子健康マラソン青森大会「2010年度大会」・「2011年度大会」に参加し、どちらの大会も優勝という記録が残っています。

その後の中学3年生では、3000mで全国大会に出場。

高校時代ではアジアジュニア選手権大会の5000mで銀メダルを獲得!

田澤廉選手は高校生の頃にはもう海外の選手とも肩を並べ、世界のレンタザワになってたのですね!

まだ幼さも残る田澤廉選手ですが、この時世界2位でも悔しいというところが田澤廉選手らしさですよね(;^_^A

そんな田澤廉選手は、中学生の時から尊敬していた大八木弘明監督のいる駒澤大学に進学します。

田澤廉選手が中学生の時、大八木監督にサインを求めとというエピソードもあるほど田澤廉選手は駒沢・大八木監督のもとで走りたかったようです!

そして大物ルーキーとして一年で箱根駅伝に登場!

2021年の箱根駅伝では華の2区(各校のエースが集結する区間)を走り、駒沢大学を13年ぶりの7度目の優勝に貢献。

今期から駒澤大学陸上部の主将を任されている田澤廉選手。

前主将の青山尚大さんはスポーツ報知の記事で、(田澤廉新主将の掛け声に対して)これまでめったに声を出すことはなかったので、珍しいですね。もう役割を理解して実践しているので安心して後を任せられます。」と田澤廉選手に期待してるそう(^▽^)

実力のみならず、リーダーシップ、存在感、そして何より自覚と責任感が田澤廉選手の人間的な魅力なのかもしれませんね。

田澤廉の成績

田澤廉さんの注目すべき成績は箱根駅伝だけではありません!

第105回日本選手権(2021年5月)10000mでは 27分39秒21日本人学生歴代2位の記録を残しています。

2021年6月にはデンカアスレチックチャレンジカップ男子10000mで1位!

しかしこの時、足の不調などもあり、五輪派遣標準記録の27分28秒はクリアならず…

「自分の決めた目標をクリアできず残念」「学生トップは目標ではなく最低限。実業団の日本トップ選手にどれだけ近づけるかを目標にやっていきたい」と話しています。

田澤廉選手の視線の先にはいつも“世界”があるのが伝わってきますよね!

いつか日本代表として表彰台の真ん中に立つ日がくることを今から楽しみという方も多いはず!

2022年の箱根駅伝では駒澤大学の主将となった田澤廉選手の走りも見逃せません!

駒澤大学連覇なるか?!2022年も田澤廉選手の活躍と勢いはますます飛躍するのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回は駒澤大学の田澤廉選手のネックレスやシューズ、これまでの経歴などについてまとめてみました。

世界の田澤廉選手の活躍からますます目が離せませんね!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました