ヒコロヒーは愛媛のどこ出身で高校や中学は?実家は財閥家系のお嬢様

トレンドネタ
スポンサーリンク

ヒコロヒーさんは、女性ピン芸人として注目を集めている芸人です。

2021年の女芸人NO.1を決めるTHE Wではファイナリストとしても話題になってますよね!

そんなヒコロヒーさんですが出身は愛媛とのことで、噂では財閥家系のお嬢様!?ともいわれてます。

そんな財閥家系のお嬢様といわれるヒコロヒーさんの実家が愛媛のどこなのか?

出身高校や中学なども気になりますよね!

そこで今回はヒコロヒーさんが愛媛のどこ出身で、高校や中学はどこなのか?財閥家系のお嬢様の噂について調査してみました!

 

スポンサーリンク

ヒコロヒーは愛媛のどこ出身?

ヒコロヒーさんは実家や出身など愛媛県ということのみで一切公表していません

しかしネットなどでは、ヒコロヒーさんの出身地は愛媛県松山市か新居浜市のどちらなのではといわれてます。

そんなヒコロヒーさんですが、高校時代田舎過ぎて暇だったとも語っていることから、四国最大都市の松山市という可能性は低いのかもしれませんがあきらかになってません。

そして地元では2軍のヤンキーとして麻雀などに明け暮れる日々だったとか(笑)

この麻雀の実力はかなりのものだそうで、麻雀の番組などにでたりしてるほど( ゚Д゚)!

愛媛の田舎で過ごしたというヒコロヒーさんですが、ヒコロヒーさんが高卒でガソリンスタンドに就職しようとしたとき、ご両親に説得され近畿大学に進学させられたそうです。

近畿大学は中退してしまいましたが、ご両親からの大学進学への想いを聞くと、ヒコロヒーさんの実家は名家の可能性も高いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ヒコロヒーの出身高校や中学は?

ヒコロヒーさんの出身高校は不明です。

バラエティー番組では、ヒコロヒーさんは高校時代は帰宅部と語っています。

先ほども書きましたが、高校生活ではやることがなく麻雀をしていたヒコロヒーさん。

高校3年性の時にガソリンスタンドの正社員として採用が決まっていましたが、親の猛反対により大学進学へと進みました。

 

ヒコロヒーの出身中学は?

出身中学については公表されていない為、分かりませんでした!

こちらも地元愛媛の中学に通われてたと思われます。

ヒコロヒーさんは幼少期から、絵を描いたり、本を読んだり、あれこれと妄想したりするのが好きだったそうです。

しかし中学に上がると、“同じ物を身に着けなければならない”というような同調圧力に違和感を持ったそうです。

中学生活の最初は、なるべく教室で浮かないように、目立たないように、クラスメートと同じように振る舞うことをしていたそうです。

しかしヒコロヒーさんは、ブラックマヨネーズさんのラジオを自分と同じように面白がって聞いて一緒に笑う友人たちが、教室の外に多くいてくれたことで自分は自分と個性を認め流されないようになったとインタビューで語ってます。

中学時代の経験からヒコロヒーさんは様々な葛藤の中でも自分と向き合ってきたのが伝わりますね!

スポンサーリンク

ヒコロヒーの実家は住友財閥?

ヒコロヒーさんの本名を隠す理由は実家が愛媛の「住友財閥」だからという噂があるんです!

「財閥」という言葉、簡単にいえば「お金持ちの一族が経営する企業グループ」ですね。

日本の15大財閥といえば

三菱財閥、住友財閥、三井財閥、安田財閥、浅野財閥、大倉財閥、渋沢財閥、古河財閥、薩州財閥(川崎造船財閥)、川崎金融財閥、山口財閥、鴻池財閥、野村財閥、旧鈴木財閥、日産コンツェルン

この中で愛媛県に所縁のある財閥は「三菱財閥」と「住友財閥」。
この2財閥のうち、ヒコロヒーの実家が「住友財閥」であるとよく噂されています。
ただ確証を持てる証拠もないので、ただの噂かもしれませんね。


ヒコロヒーさんの実家が財閥なのかは明らかではありませんが、ヒコロヒーさんは中学、高校、そして女芸人になった今でもつねに自分の人生は自分で決め進んでることには変わりないですよね!

そこがまた真のお金持ち財閥のお嬢様といわれる理由なのかもしれませんね(^▽^)/

スポンサーリンク

まとめ

今回はヒロコヒーさんが愛媛のどこ出身で高校や中学はどこ?ということについてまとめてみました。

また実家は財閥のお嬢様?との噂もありますが、ヒコロヒーさん自身あまり家庭環境にいい意味で依存してないこともわかりましたね。

2021年はTHE Wのファイナリストとして、2022年以降はますます活躍されること間違いなしのヒコロヒーさん。

今後も目が離せませんね!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
トレンドネタ
Coccoをフォローする
Cocco's CHOICE
タイトルとURLをコピーしました