藤森颯太(青森山田)の進路は大学進学!出身小学校に浦和レッズで武者修行も!

スポーツ
スポンサーリンク

青森山田高校のMFとして活躍している藤森颯太選手。

2022年の全国高校サッカー選手権でも数々のアシストや華麗なドリブル、シュートなどを決め、話題になってます。

そんな青森山田高校の藤森颯太選手ですが、浦和レッズの練習にも参加しており、その進路は浦和なのでは?という声もありました。

しかし、2022年現在藤森颯太選手の進路は公表されてません。

青森山田のドリブラーである藤森颯太選手の進路が気になる方も多いのではないでしょうか?

また、藤森颯太選手は青森県むつ市出身ですが、小学校やこれまでの経歴も知りたいですよね!

そこで今回は青森山田の藤森颯太選手について、進路は大学進学?出身小学校や経歴まとめとしてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

藤森颯太の進路は大学進学?

青森山田高校の藤森颯太選手の進路について、2022年1月現在まだ公表されていません。

藤森颯太選手の進路ですが、大学進学の可能性が高いと思われます。

藤森颯太選手は2021年6月に同じ青森山田高校の宇野禅斗選手と共に浦和レッズの練習に参加していました。

しかし、浦和レッズの練習に参加したからといって浦和レッズ入りというわけではありません…

実際に宇野禅斗選手は町田ゼルビアに内定が決まっています!

時期的にはプロ入りするのであれば発表されてる時期。

他にも青森山田でプロ入りする松木玖生選手なども進路が発表されています。

このタイミングでのプロ入り発表がないということであれば、藤森颯太選手は大学進学の可能性が高いのかもしれませんね(^^)

ちなみに浦和レッズは既に京都橘の木原励選手が内定しています。

このことからも現段階で藤森颯太選手の内定情報がないということは浦和レッズへの加入は低そうですね(^_^;)

そして藤森颯太選手が大学進学の可能性としてもうひとつあげられる理由があります。

藤森颯太選手は、U-18日本代表候補合宿に参加したときに、大学選抜と対戦しているのですが、その時に大学サッカーのレベルの高さを体感し、自分のレベルがまだまだだと感じたそうです。


そして、この経験が意識を高め、これからの藤森颯太選手のサッカー人生を歩む上で本当にプラスになったんだとか!

大学選抜と試合をした時は、自分は1対1が得意で、高校生が相手だと結構抜けたり、クロスまで行けたりするんですけど、大学生となると間合いの取り方が上手かったり、身体を入れられてしまったりすることを肌で感じて、この経験が自分の意識レベルや基準を高めてくれたので、これからのサッカー人生を歩んでいく中では本当にプラスになったかなと思います

引用元:ゲキサカ

この経験から、藤森颯太選手は大学に進学し、更に実力を高めて長く活躍できるサッカー選手になりたいと考えたのかもしれませんね。

日本代表でも活躍する三苫選手も、一度高卒時点でプロ入りの声がかかっても断り、大学へ進学してから、改めてプロを目指した選手も最近は増えてるそうです。

青森山田高校の卒業生もプロ入りより大学へ進学した選手の方が最近は多く、先輩の姿をみて大学進学を選んだ可能性もありそうです!

藤森颯太選手の進路については分かり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

藤森颯太の出身の小学校はどこ?

藤森颯太選手の出身は青森県むつ市です。

藤森颯太選手が通われていた小学校は『むつ市立田名部小学校』です。

そして小学生の時に所属していたチームは「むつフットボールクラブジュニア」であることがわかっています!

藤森颯馬選手は小学校時代、JFAが行っていたフットボールフューチャープログラム(FFP)というトレセン制度で青森県代表に選出されたり、全国大会で3位になったりと、小学生時代から注目の選手だったそうです!

この経歴から青森山田中学にスカウトされ進学します。

スポンサーリンク

藤森颯太のプロフィール

藤森颯太(ふじもりそうた)


ポジション:MF

背番号  :11

利足   :右足

身長   :173cm

体重   :70kg

出身地  :青森県むつ市

生年月日 :2003年7月17日

小学校  :むつ市立田名部小学校/むつフットボールクラブジュニア

中学校  :青森山田中学校

高校   :青森山田高校

青森山田での実績

藤森颯馬選手は全国から実力のある選手が100名以上集まる青森山田高校でものレギュラーとして活躍しています。

青森山田は超強豪校としても知られてますが、全国から集められた選手たちを実力順にさらに6つのチームにわけてるんだそう!

藤森颯太選手はその中でもAチームの一軍として活躍されてます。

またU-18の日本代表候補にも選出されています。

【高校1年生】

全国高校総体(インターハイ)サッカー競技大会2019年(3回戦)

全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会2019年(3回戦)

全国高校サッカー選手権2019年(準優勝)

【高校2年生】

全国高校選手権2020年(準優勝)/優秀選手

全国高校サッカー選手権2020年(準優勝)

【高校3年生】

サニックス杯国際ユースサッカー大会2021年(5位決定戦)

矢板ユースサッカー大会2021年(予選リーグ)

全国高校総体(インターハイ)サッカー競技大会2021年(優勝)

全国高校サッカー選手権2021年(準決勝進出)

【日本代表歴】

U-18日本代表候補トレーニングキャンプ2021年

高校サッカー2022でも青森山田の欠かせないドリブラーとして活躍する藤森颯太選手。

その活躍から目が離せませんね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は青森山田の藤森颯太選手についまとめてみました。

進路は大学進学の可能性が高く、そして更に向上したいという意思も伝わってきました。

小学校時代からその才能を発揮し続けてる藤森颯太選手の活躍に目が離せませんね!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

藤森颯馬選手はインタビューにて、全国のトップと戦える環境や日本一を目指せることから青森山田を選び進学したと語っています。

 

そして日本一を目指し、厳しい練習にも積極的に取り組み、よりうまくなるための努力を継続し続けてきたことがわかります!

Q:中学時代から青森山田でプレーをしています。進学を決めた理由を教えて下さい。

「最初から青森山田に行きたいという気持ちがありました。県内出身で青森山田を倒してみたいという気持ちもあったのですが、青森山田中の上田監督から誘われたんです。全国のトップと戦える環境や日本一を目指すことを考えた上で進学を決めました」

 

Q:実際に入学してからはどうでしたか?

「小学校の時と比べると、中学はレベルが高く、高校に進学するともっとすごい選手たちが入ってきました。メンバー争いも激しかった中で自分も刺激をもらい、たくさん指摘を受けながらさらに成長したいと思って今は取り組んでいます。正直、中学に入ったばかりの時は雪中サッカーはきつかったです(笑)下半身とかはかなり追い込まれましたね。ただ、去年日本一を取れなかったので、もっと厳しい練習をやってやろうという気持ちが今まで以上に出てきました。新チームでも日本一をキーワードにして取り組んできたので、そういう部分で冬は体力的なきつさがありましたけど、自分自身のために取り組めています」

引用元:ヤンサカ

超絶プレーは日々の努力から生まれていることがわかりますね!

スポンサーリンク

高校サッカー2022での評判は?

スポンサーリンク
スポーツ
Coccoをフォローする
Cocco's CHOICE
タイトルとURLをコピーしました