松田聖子が娘への歌が泣ける!衝撃すぎる娘の突然の訃報に母の思いは?

トレンドネタ
広告枠

2021年12月18日に享年35歳という早すぎる命で亡くなられた神田沙也加さん。

神田沙也加さんの母親といえば、誰もが知る往年のアイドル松田聖子さんですよね。

神田沙也加さんの訃報当日はディナーショーをやり遂げた松田聖子さんの心情を思うと心配の声がとても多いです。

そんな松田聖子さんですが、実は娘、神田沙也加さんへの歌を過去に発売しており今再び話題になってます。

神田沙也加さんと松田聖子さんは絶縁状態にあったとも言われてますが、本当にそうなのでしょうか?

そこで今回は松田聖子さんが娘への歌な泣ける!母として神田沙也加への思いについてまとめていきたいと思います!

★→神田沙也加のホテルはモントレエーデルホフ札幌?直前には父と電話も!

★→神田沙也加と秋山大河の現在は再婚間近だった?衝撃の転落理由とは?

スポンサーリンク

松田聖子の娘への歌とは?

松田聖子さんが娘、神田沙也加さんへの歌として発売された歌は『私だけの天使〜Angel〜/あなたのその胸に』という歌です。

こちらは1997年4月にリリースされた松田聖子さんの45枚目のシングルになります。

松田聖子さんが娘の沙也加のために書いた歌としてファンに知られてる素敵な曲です。


シングルの裏ジャケットに写る手は、松田聖子さんと当時小学5年だった神田沙也加さんということでも話題になりました。

歌詞には松田聖子さんが娘、神田沙也加さんへの母としての愛や想いがつまってることが伝わりますよね。

大スター故に子育ても大変だった松田聖子さんですが、娘の神田沙也加さんの前では他のお母さんと同じ想いだったのかもしれません。

13歳で母親の歌詞担当

一方で神田沙也加さんも才能溢れる女性でした。

1998年8月にロサンゼルスの日本人学校に通っていた際、両親のことを明かさずに映画オーディションを受験。

映画『ピーン・ケーキ』に小学生役で出演し女優デビュー。

さらに『ALICE』のペンネームで、母親・松田聖子さんの『恋はいつでも95点』を作詞しています!

松田聖子さんから娘への歌と同じように、娘神田沙也加さんから母への歌もあったのですね。

当時、まだ13歳ながら神田沙也加さんの才能の高さに驚かれた方も多かったのではないでしょうか?

松田聖子さんが娘への歌として発表した『天使の涙』は改めて聴くとすごく切なくて、しかし優しい歌だなぁと感じますよね。

多彩な才能を発揮した神田沙也加さん。

芸能界だけでなく、日本中から哀悼の声があがり、もちろん母である松田聖子さんにとっても信じられない心情だと思います。

スポンサーリンク

松田聖子と神田沙也加は絶縁状態だった?

松田聖子さんは娘への歌を作るほど娘である神田沙也加さんのことがかけがえのない存在だったはず。

しかしネットでは松田聖子さんと神田沙也加さんは絶縁状態だったと報じられてました。

松田聖子さんの娘の神田沙也加さんは2001年、松田聖子さんが決めた芸名「SAYAKA」でデビュー。

最初のシングルはヒットしたが、その後は中々ヒットせず…

松田聖子さんは娘の神田沙也加さんに米国留学を勧たものの、神田沙也加さんは大反発!

神田沙也加さんが12歳年上のギタリストと交際すると、猛反対する松田聖子さんと絶縁状態になりました。

しかし、神田沙也加さんがミュージカル女優になることを決意した沙也加さんが本名の「神田沙也加」として活動するようになると雪解け。

2011年のNHK紅白歌合戦では母娘で仲良くデュエットしたことでも話題になりましたよね(^^)


そんな中で2017年に俳優の村田充さんと結婚した際に、無名の俳優とゴールインしたと聖子さんは思ったようで反対し、また絶縁状態になってしまったそうです…

還暦を前に松田聖子さんのほうから歩み寄っているそうですが、娘の神田沙也加さんがなかなか取り合ってくれないとも言われてた2人。

しかし心の中では母の松田聖子さんは誰よりも娘の神田沙也加さんを愛してたのではないでしょうか?

その証拠となるのが、松田聖子さんが娘への歌として送った『天使の涙』だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は松田聖子さんが娘への歌として発表した天使の涙のエピソードや、母娘の確執の真相についてまとめてみました。

今回の突然すぎる訃報は母、松田聖子さんにとって衝撃すぎたと思います。

神田沙也加さんのご冥福をお祈りすると共に、松田聖子さんのお気持ちを察すると心配ではありますが…

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
トレンドネタ
スポンサーリンク
a.sunadaをフォローする
Cocco's CHOICE
タイトルとURLをコピーしました