鎌倉殿の13人の伊豆の国市と神奈川ロケ地まとめ!オープンセット無料展示イベントも!

トレンドネタ
スポンサーリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が2022年1月9日よる8時より始まり、早くも話題になってますね!

壮大なスケールでまさに王道の豪華な大河ドラマと言えるのではないでしょうか(^^)!

そこで気になるのはこの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のロケ地という方も多いのではないでしょうか?

また現在期間限定で東京・渋谷のNHKプラスクロスSHIBUYAにてオープンセットの無料展示イベントも開催してるとのこと!

そこで今回は、「鎌倉殿の13人」のメインロケ地である伊豆の国市や、神奈川県鎌倉市に小田原市などのロケ地や渋谷でのオープンセットイベントなどについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人のロケ地は?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、鎌倉幕府の二代将軍・頼家を支えた十三人の御家人の物語です。

脚本を手掛けたのは、大河ドラマで「新撰組!」「真田丸」を手がけた人気脚本家の三谷幸喜さん!

そんな話題性抜群のロケ地について調べてみると、どうやらメインはオープンセットがある伊豆の国市だそう!

また、伊豆の国市意外にも神奈川県の鎌倉を中心に沼津市、裾野市、富士宮市など広範囲で撮影されたことが分かりました(゚∀゚)!

現在わかってる伊豆の国市や、神奈川県鎌倉市などのロケ地は、こちらになります。

  • 静岡県伊豆の国市の北条義時屋敷跡
  • 静岡県伊豆の国市の北条寺
  • 静岡県伊豆の国市の江川邸
  • 静岡県伊豆の国市の豆塚神社
  • 鎌倉市の大蔵幕府跡
  • 鎌倉市の鶴岡八幡宮
  • 神奈川県小田原市の石橋山古戦場
  • 岐阜県可児市・美濃加茂市の木曽川周辺

それでは早速、鎌倉殿の13人のロケ地について見ていきましょう!

静岡県・伊豆の国市のロケ地 : 北条義時(江間小四郎義時)屋敷跡

こちらが伊豆の国市、北条義時邸があったと伝えられる場所です。

「北条義時(江間小四郎義時)屋敷跡」と刻まれている石碑がありますね。

伊豆国江間郷の領主だった北条義時の屋敷は、現在の江間公園辺りにあったそうです。

現在は、伊豆の国市営の都市公園として、テニスコートや、芝生広場など整備されています。


源頼朝公から江間の地を与えられた、若き日の鎌倉幕府の二代執権の北条義時公は、江間小四郎を名乗り、此処に館を構えたと伝わります。


青々とした芝生が整備された公園で、現在は家族連れの方々など、市民に愛されてる公園です。

鎌倉幕府150年の始まりの地になるこちらの場所は、今回の鎌倉殿の13人の放送前から聖地巡りで訪れてる方も多い印象です。

昭和5年の北伊豆地震の痕跡もある北条義時(江間小四郎)屋敷跡なんですね(^^)

静岡県・伊豆の国市のロケ地 : 北條寺

北条寺は北条義時が創建したお寺です。

境内には北条義時夫妻のお墓があります。


ほかにも、北条一族を由来とする品々が所蔵されており、歴史がわかる場所といえますね。

ちなみにこちらは、北条義時の798回忌の御法要をされた日です。

 

静岡県・伊豆の国市のロケ地 : 江川邸(旧韮山代官所跡)

韮山代官所(にらやまだいかんしょ)は、江戸時代に東国の幕府直轄領を支配するために設置された役所です。

大河ドラマ「篤姫」「西郷どん」でも使われました。

江戸時代初期の、慶長5年(1600年)頃建てられたこの主屋をはじめ、敷地内全部(11873平方メートル)が国の重要文化財に指定されています。

 

静岡県・伊豆の国市のロケ地 : 豆塚神社

豆塚神社は、北条義時が統治していた江間郷にある古い神社で、北条義時が参拝していた神社として言い伝えられています。

伊豆の国市内の北条義時のゆかりの地のひとつですので、撮影に使用される可能性も大きいと思います!

令和になった現代でも当時の歴史を感じてタイムスリップしたような雰囲気がある建物ですよね。

鎌倉市のロケ地 : 大蔵幕府跡

源頼朝は1180年(治承4)鎌倉に入ると大倉の地に屋敷を構え、ここに侍所、公文所、門注所(後に移転)などを整備しました。


今は、清泉女学院小学校の西の角に立つ石碑のみですが、その石碑を中心に敷地は200m四方におよぶ広大のものでした。

寝殿・公文所・問注所・侍所などの建物があった言われています。

そして意外にもこのスポットを巡る方は以前よりとても多く、今回の鎌倉殿の13人でさらに人気がでそうです。

神奈川県・鎌倉市のロケ地 : 鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は、鎌倉市内屈指の大きさを誇る神社です。


初もうでには多くの参拝客が集まるほど有名な場所ですが、実は三代将軍・源実朝が暗殺された場所でもあるのです。

2022年度の初詣でも沢山の方で賑わったようですね(^^)

そして、大河の影響もあり今回の初詣ではこの鶴岡八幡宮にしたという方も多かったです!

神奈川県・小田原市のロケ地 : 石橋山古戦場

石橋山古戦場は、1180年に義時が源頼朝陣営に就いて、大庭景親率いる兵士軍と戦った戦場です。


石橋山の戦いと呼ばれるこの戦は、頼朝が平氏と初めて衝突した歴史的な戦でした。

岐阜県可児市・美濃加茂市のロケ地 : 木曽川周辺

1221年に起きたと言われる朝廷と幕府による内乱「承久の乱」の激戦地として知られる場所です。


木曽川の中と外で両陣営が激しい戦闘を繰り広げたと言われています。

今回のロケ地と聞くと、伊豆の国市や鎌倉の印象が強い方も多かったと思いますが、岐阜の木曽川周辺も北条氏のエピソードを語るには欠かせない場所。

この戦いで勝利した北条義時の名前が教科書に載ったほど重大な戦乱です。

スポンサーリンク

静岡県伊豆の国市のオープンセットはどこ?

物語の序盤はその舞台の地となる静岡県でロケを行っています。


北条家ゆかりの地・伊豆の国市に全長210 M のオープンセットを建設し、そこを中心に沼津市や裾野市、富士宮市など各地で収録を行っています。

伊豆の国市のオープンセットの詳しい場所は明らかにされていませんが、北条家ゆかりの地がすぐ近くにある場所だということです。

伊豆の国市にある北条家ゆかりの地となると、

北条の里(〒410-2122 静岡県伊豆の国市寺家130−6)


北条寺(〒410-2221 静岡県伊豆の国市南江間862−1)


願成就院(〒410-2122 静岡県伊豆の国市寺家83−1)


守山西公園(〒410-2122 静岡県伊豆の国市寺家13)


この4カ所の近くの可能性が高いのではないでしょうか?

こちらはまた分かり次第追記したいと思います!

スポンサーリンク

渋谷にてオープンセット無料展示イベント開催

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の世界観をお楽しみいただける展示イベントが開催されてます。

日程 2021年1月28日(10〜21時)まで

※最終入場20:30

場所 NHKプラスクロスSHIBUYA

ドラマの舞台は平安時代末期~鎌倉時代。

展示会では、衣装や場面写真の数々、主要登場人物たちの紹介パネルを通してドラマの世界観を感じれるそう。

北条義時の人生から平安時代末期~鎌倉時代の流れを知ることができるとのことです。

また、撮影現場のセット全体を360度撮影したVR映像も大型モニターで観れるのも魅力!

ドラマの内容や裏側、時代背景をより深く詳しく知ることのできる内容で、ファンにはたまらないのではないでしょうか?

主なイベント内容

・大河ドラマ「鎌倉殿の13人」スペシャルムービー

・主演の小栗旬さんウェルカムメッセージや番組の見どころ映像を上映

(※期間中時期により内容が異なります。)

・出演者衣装展示

・北条義時(小栗旬)と、源頼朝(大泉洋)の衣装や、番組ポスターの撮影で使用した義時の衣装の展示

・ドラマ出演者サイン色紙展示

出演者19名のサインを展示※写真撮影NG

・フォトスポット

・小栗旬さんが撮影を行った同様のアングルで記念撮影

・オープンセットVR

などなどかなり盛りだくさんですよね!


https://twitter.com/8aaccoo/status/1474956538410582017?t=JRRXkfwSQiJnoEUcc4lr8g&s=19
実際に行かれた方もかなりよかった!との感想が(^^)

大河ドラマを更に楽しめること間違いなしですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のロケ地についてまとめてみました。

ロケ地を知ることで、更に大河ドラマに深く入り込めますよね(^^)

2022年いよいよスタートした鎌倉殿の13人から目が離せませんね!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
トレンドネタ
Coccoをフォローする
Cocco's CHOICE
タイトルとURLをコピーしました