大東文化大学の鈴木優花の進路は第一生命!打倒不破聖衣来の走りがヤバイ!

スポーツ
スポンサーリンク

2021年12月30日の富士山女子駅伝で不破聖衣来選手と見事な走りをした大東文化大学の鈴木優花選手。

鈴木優花選手の気になるのは卒業後の進路や就職先ですよね!

富士山女子駅伝では素晴らしい走りをみせた鈴木優花選手。

卒業後の進路・就職先の実業団はどこになるのでしょうか?

そこで今回は大東文化大学の鈴木優花選手について進路や実業団などまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

大東文化大学・鈴木優花の進路は?

大東文化大学の鈴木優花選手の大学卒業後の進路や実業団ですが、第一生命なのでは?と言われてます。
https://twitter.com/Ken0115/status/1476378767581147141?t=aCUjkqtEVFhtBi8Sv9iMeQ&s=19


実業団第一生命での走りが楽しみですね!

なお、大東文化大の卒業生である関谷夏希さんはそのまま大東文化大学の大学院に進学しました。

同じく大東文化大学の森智香子選手は積水化学に入社しています。

大東文化大学鈴木優花選手は1年次からかなり注目されてた選手でした。

実業団入がほぼ確実なのでは?と言われており、その発表が楽しみですね(^^)

スポンサーリンク

大東文化大学・鈴木優花の経歴

大東文化大学1年の時から異次元の走りをしてきた鈴木優花選手。

その素晴らしい経歴について見ていきましょう!

小学生と中学校時代

鈴木優花選手は秋田県大仙市の出身です。

小学校は大仙市立土川小学校を卒業しています。

小学校6年生の時には平成20年度秋田県小学生人権標語コンテストで「かげぐちは 言わない 聞かない 入らない」という作品で優秀賞を受賞しています。

中学校は大仙市立中仙中学校へ進学。

中学時代は陸上競技とバスケットボールの2つを掛け持ちしていました。

素晴らしいのは両方の部活動でそれぞれ大会に出場していたそうです!

鈴木優花選手の、陸上競技は中学校から始めたと言われてます。

しかし鈴木優花さんの中学時代の陸上競技の成績を探しましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

また中学校では東北電力主催の中学生作文コンクールに佳作入選したことが分かりました。

文武両道の方なのがわかりますね!

小学生の時と同様に、文学的なセンスを持っていることが分かります。

鈴木優花の高校時代

中学卒業後、鈴木優花さんは秋田県立大曲高等学校へ進学します。

高校から鈴木優花選手は陸上競技に専念していきます!


専門にしたのは長距離走で、高校1年生からすでに試合に出場していたようです。

高校2年生のときには、2016年度全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に女子3000mに出場。

しかしこのときは残念ながら14位という結果に終わりました。

2017年1月には皇后盃 第35回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会に出場しています。

2区を走り、区間9位の走りを見せた鈴木優花選手。

高校3年生となり、2017年7月に開催された平成29年度全国高等学校総合体育大会に女子3000mにするものの、残念ながら上位入賞とはいかず、予選12位という結果で予選落ちを経験しています。

鈴木優花選手の高校時代は全国大会に出場できる力は備えていたものの、まだその才能を発揮しきれてなかったようです

鈴木優花の大学時代

高校卒業後、2018年4月に鈴木優花さんは東京都にある大東文化大学へ進学します。

大東文化大学ではスポーツ・健康科学部スポーツ科へ入学しました。

これまで陸上競技を通じてスポーツの素晴らしさを感じ、将来もスポーツに関わっていこうという意思がみえます。

鈴木優花選手の就職先はスポーツメーカーの可能性もありそうですね!!

そしてこの大東文化大学に入学したことで鈴木優花選手の才能が開花!!

大学入学直後の6月に日本学生陸上競技個人選手権大会に女子5000mに出場し、大会新記録で優勝!

ここから鈴木優花選手が全国から注目されるようになります。

2018年

日本インカレ・5000m 5位

全日本大学女子駅伝 第2区・区間賞

富士山女子駅伝 第7区区間賞と区間新記録を樹立

中学・高校と思うような成績が残せなかった分、大学時代に鈴木優花さんの才能が一気に開花していきます。

2019年

全国女子駅伝 第1区・区間3位

日本学生女子ハーフマラソン 優勝

第30回夏季ユニバーシアード・ナポリ大会 金メダル

日本インカレ 10000m 4位

全日本大学女子駅伝 第3区・区間賞

セブンヒルズロードレース・オランダ 4位

富士山女子駅伝 第7区区間2位

2020年

全国女子駅伝 第1区・4位

富士山駅伝 第5区・1位(区間賞)

鈴木優花さんの同世代には強力なライバルが何人もいて、非常に厚みのある世代です。

現在は10000mやハーフマラソンといった長距離を専門としていますが、マラソンに挑戦していくことを明らかにしています。

2024年のパリオリンピックでは、マラソンで日本代表を目指すそうです。

鈴木優花選手の活躍から目が離せませんね!

スポンサーリンク

富士山女子駅伝で不破聖衣来と名勝負

2021年の富士山女子駅伝では拓殖の不破聖衣来選手と名勝負を繰り広げ話題になりました!


不破聖衣来選手には惜しくも負けてしまいましたが、不破聖衣来選手とともに記録更新をし、歴史に残る名勝負となりました!

スポンサーリンク

まとめ

今回は大東文化大学鈴木優花選手についてまとめてみました。

第一生命での走りも楽しみですね!

今後の活躍からますます目が離せない大東文化大学鈴木優花選手!

その活躍に期待したいと思います!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
スポーツ
Coccoをフォローする
Cocco's CHOICE
タイトルとURLをコピーしました