ヴァージルアブロー(VirgilAbloh)の生い立ちがすごい!意外な経歴も!

トレンドネタ
スポンサーリンク

LOUIS VUITTONのデザイナーであり、ファッションブランドOFF-WHITE C/O VIRGIL ABLOH™の創業者 Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんが2021年11月28日に亡くなられ世界中で追悼のツイートがささげられてます。

ファッション界のニューヒーローとの呼び名の高いVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さん。

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんは、黒人デザイナーとして初のルイ・ヴィトンのデザイナーに就任したことで、当時大きな話題となりました。

ヤングセレブリティを熱狂させる、オフホワイトのデザイナーとしても活躍する世界一多忙なインフルエンサーVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんですが、その生い立ちや意外な経歴は知ってる人も少ないのではないでしょうか?

そこで今回はVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんの生い立ちや意外な経歴に迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)

 

 

名前ヴァージル・アブロー(Virgil abloh)
生年月日1980年9月30日
年齢41歳(2021年現在)
身長188cm
体重85kg
家族妻:シャノン・サンドバーぐ(Shannon Sundberg)
父親:ニー・アブロー(Nee Abloh)
母親:ユーニス・アブロー(Eunice Abloh)
兄妹:エドウィナ・アブロー(Edwina Abloh)
星座天秤座
設立ブランドOFF WHITE(オフホワイト)
設立日2012年~2013年
経歴オフホワイト(OFF WHITE)創設者

 

1980年アメリカ生まれのデザイナーVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さん。

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんの生い立ちは1981年にシカゴ郊外のイリノイ州ロックフォードです誕生し、享年は41歳という若さでした。

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんのご両親は、お父様は塗料会社を経営し、お母様は洋服作りが趣味だったそう。

このお母様の趣味がVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんにも大きな影響を与えたのかもしれませんね!

幼いころのVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんは母親のハンドメイドの服ばかり着ていたとインタビューで話しており生い立ちからお母様の影響が大きく尊敬していたのが伝わってきます。

左から父・母・妹

10代の頃のVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんは、マイケルジョーダンやガンズアンドローゼス、スケートボート等の所謂、90年代ユースカルチャーに夢中だったそうです。

ファッションとは関係なさそう?と思いきや、「10代の頃に夢中になったものが今の自分を形成している」とインタビューでも答えていました。

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんは幼少期から母親の影響もあり、ハイティーン時代からファッションに強い関心を持っていたVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんでしたが、彼が選んだのはこの段階ではファッションデザイナーの道ではなく、建築家としての将来でした。

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんは上流階級の家庭に育ったのかと思いきや、生い立ちなどきくと意外にも移民の一般家庭でというのがすごく驚きでという方も多いのではないでしょうか?

 

イリノイ工科大学で建築学修士号を取得

 

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんウィスコンシン大学マディソン校で土木工学を学び、イリノイ工科大学に進学、ミース・ファン・デル・ローエによって設立されたカリキュラムで、建築学修士号を取得します。

大学卒業後はデザイナーとしてではなく建築事務所で働いていたVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さん。

ここまでの生い立ちから建築家としての経歴でも意外性がありますがここからどのようにデザイナーになり、ルイヴィトンのデザイナーまで上りつめたのでょうか?

すごく気になりますよね!

それではここからデザイナーになるまでのVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんの経歴をご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

カニエ・ウェストのクリエイティブ・ディレクターに就任

会社勤めをしながらDJとしても活動を始めた、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんの元に人気ヒップホップアーティストであり世界的インフルエンサーの「カニエ・ウェスト」のクリエイティブディレクターの話が舞い込みます!

Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんがルイヴィトンのデザイナーとして最後の日にはカニエウェストさんも訪れ熱い抱擁を交わし話題になりましたよね!

2002年ごろからカニエ・ウェストのクリエイティブディレクターとして、ファッション界でのキャリアをスタートしたVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さん。

ここから本格的に自身もファッションアイコン兼デザイナーとして注目を集めていきます!

PYREX VISION

2012年にオフホワイトの前身ともいわれる、PYREX VISIONをスタート。

しかしパイレックスヴィジョンは当時アパレルブランドではなく、アートプロジェクトでした。

このパイレックスヴィジョンはYouTubeを使ったイメージヴィジュアルでの発信がメインでした。

この発信を見ていたのがパリの老舗、コレットのバイヤーである、サラ・アンデルマンでといわれています。

この熱烈なラブコールを受け、パイレックスヴィジョンはファッションブランドとして歩み始めます。

老舗セレクトショップ、コレットで取り扱いが開始したことで、パイレックスヴィジョンは若者を中心に爆発的な記録をだし、一気に人気ファッションデザイナーの仲間入りをしたVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さん。

これまでは雇われ側だったのだ、パイレックスヴィジョンのヒットで、個人ブランドデザイナーへとヴァージルアブローさんの肩書や経歴が大きく変わっていきました。

2013年にVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんの代名詞となるオフホワイトを設立!

オフホワイトは、パイレックスヴィジョンのデザイナーが立ち上げた新ブランドとして既に発表前から高い注目を集めていました。

2014年春夏にパリコレデビューを飾ると人気はさらに加速!!

当時の販売方法が、コレットや、マックスフィールド、バーニーズニューヨーク等のハイエンドなショップ限定で展開された事も関係し、入手困難なブランドとして熱狂的なフォロワーを生み出します。

その後ナイキなどのスポーツブランドともコラボをしたりと常に進化し続けるのも人気の理由なのかもしれませんね。

オフホワイトは日本でも人気で、芸能人でもファンが多いことで知られてます。

この経歴はVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんを語るうえで外せないのではないでしょうか?

2018年ルイ・ヴィトンメンズ部門アーティスティック・ディレクターに就任

2018年キムジョーンズに代わり、ルイ・ヴィトンのメンズラインのアーティスティックディレクターに就任したヴァージルアブローさん。

ルイ・ヴィトン初の黒人デザイナーとしても注目を集めましたよね(^▽^)/

日本でもファッションショーを開催したりと海外ブランドでありながら若者を中心に親しみがあった方も嗚呼いのではないでしょうか?

今回のVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんの訃報は日本でもショックの声が多く改めてVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんが作り上げてきた生い立ちからの経歴や常に第一線で活躍してきたファッションに注目が集まるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんの生い立ちから意外な経歴までご紹介してきました。

一見関係のないとおもわれそうな生い立ちから建築家としての経歴やDJなどの経験もVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんの人生すべてに影響があった数々なのかもしれませんね。

享年41歳と早すぎる人生だったVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)さんですがその中身をみると生い立ちから濃い人生を歩まれてたのかもしれません。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
トレンドネタ
Coccoをフォローする
Cocco's CHOICE
タイトルとURLをコピーしました