大八木監督(駒澤)が怖い理由3つ!それでも選手から信頼されるのはなぜ?

スポーツ
スポンサーリンク

2021年全日本大学駅伝、箱根駅伝の2冠を達成し、箱根駅伝2022でも優勝候補といわれる駒澤大学。

その強豪・駒澤大学陸上部の監督といえば大八木監督ですよね!

そんな駒澤の大八木監督といえば過去にパワハラ疑惑もあり、怖いというイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

駒澤の大八木監督が怖いという理由について調べてみたところ3つの理由がでてきました。

また、怖いイメージのある大八木監督ですが駒澤の選手たちから怖くても慕われる理由も判明しましたよ!

そこで今回は、駒澤大八木監督が怖いといわれる理由や、大八木監督が選手たちから慕われる理由についてまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

駒澤・大八木監督が怖い理由①:見た目

駒澤大八木監督が怖いといわれる理由の一つ目は見た目が怖いという方が多かったです。

確かに大八木監督といえば普段あまり笑顔の印象もなく、厳しい表情のイメージがあるかもしれません。

選手と違い、監督は普段メディアにでる機会も少ないので、たまにTVで映る姿からそのイメージがどうしてもついてしまうのかもしれません。

しかし、その一方で駒澤・大八木監督の怖いと言われる顔についてこんな意見も…!!

大八木監督は名門であり強豪駒澤大学の監督!

それだけ勝負師として普段は選手達や陸上に対して真剣だからこそ厳しく怖い表情になってしまうのかもしれませんね。

しかし普段の大八木監督は小さな赤ちゃんをみてニコニコ優しい顔になったり、選手達の頑張りに普段の怖い顔からクシャッと笑顔になったり…

実はとっても優しい監督だったりするんですね(^^)

スポンサーリンク

駒澤・大八木監督が怖い理由②威圧感

 

大八木監督の怖いと言われる理由は顔だけではありません!(笑)

なんといってもそこにいるだけで周りが緊張感につつまれる威圧感も、大八木監督が怖いといわれる理由のひとつのようです!

ジャニーズマフィアって…!!(笑)

しかしこの威圧感にはまた別の意見がありました!


威圧感があるというのは反対に選手達にとって、程よい緊張感もあるとの見方も!

確かに大八木監督は威圧感があるかもしれません。

しかし選手達にとって、大会でその場に大八木監督がいるということが安心感でもあり、程よい緊張状態をもたせてくれる存在なのかもしれません。

スポンサーリンク

駒澤・大八木監督が怖い理由③:言動

 

大八木監督が怖い怖いと言われる理由、まだあるの?という感じですが…(笑)

一番は試合中に選手達に掛けられる言動だとも…!


箱根駅伝では大会監督車からの選手への叱咤激励が怖い!とも言われつつ一つの名物でもありますよね(笑)

しかしこの怖い言動には怖いと言われる以上にこんな意見も!


https://twitter.com/netabare_yan/status/948361799316922368?t=ilKOJf3VOnTC-goSzl7h4w&s=19

大八木監督の言葉には優しさもある!との意見もとても多く、箱根駅伝ファンにはしっかり伝わってるようですね(^^)

男だろ!発言で炎上?

大八木監督は箱根駅伝や大会になるとつい言動に力が入るのか、駅伝ファンから注目されてしまいます。

過去にも、炎上してしまったことがあるのですが、その一つが選手にかけられた言葉「男だろ!」発言です。

しかしこの言葉は男だろ!という差別的な意味は大八木監督のなかでなく、大八木監督流の激励だったわけです!


その証拠に大八木監督からの激励に対し、石川選手が右手をあげて応えた姿からわかりますよね!

スポンサーリンク

大八木監督が選手から信頼される理由

大八木監督がここまで怖いと言われる理由についてまとめてきました!

怖いと言われながらもなぜ選手から絶大な信頼があるのか?

大八木監督の怖さは選手一人一人を息子のように想い、駒澤大学として優勝させてあげたいからこそなのだとわかりました。

箱根駅伝2022では大八木監督率いる駒澤大学がどのような結果を残すのか?!

大八木監督の怖い顔や言動、威圧感がクシャっと笑う笑顔になるのか?

今から目が離せませんね!
 

スポンサーリンク

まとめ

今回は駒澤大学の大八木監督が怖い理由は?ということについてまとめてみました。

怖いと言われる裏には大八木監督の選手への想いや、選手との絆を見つけることができました!

またそんな大八木監督に選手たちも絶大な信頼をもってることがわかりましたね(^^)

箱根駅伝2022では駒澤大学は優勝し、大八木監督を笑顔にさせることはできるのか?

今からとっても楽しみですね!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました