大久保れもんの自宅や大学、顔写真は?交友関係や事故当時の愛車も特定!

トレンドネタ
スポンサーリンク

2021年10月24日、静岡県伊豆市で乗用車とオートバイ2台が衝突し、

オートバイに乗車していた男性2名が死傷した事故で、

過失致死傷罪で逮捕されたのが大久保れもん容疑者(20)。

事故の衝撃と同じくらい、このキラキラネームの彼女について今話題になっています。

 

大久保れもん容疑者ってどんな人?顔写真は?当時のってた愛車は?

そんな風に疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回まとめたのは

・大久保れもんの通ってる大学や自宅はどこ?

・大久保れもん容疑者の交友関係は?どんな暮らしを送ってるの?

・大久保れもん容疑者の顔写真は?

・大久保れもん容疑者の事故当時の愛車は?

についてまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

大久保れもんの通ってる大学や自宅はどこ?

 

大久保れもん容疑者は現在愛知県名古屋市名東区在住と報道されてます。

大久保れもん容疑者は出身が東京との情報もあり、

どこかのタイミングで愛知県には引っ越してきた可能性が高いです。

 

 

大学生の大久保れもん容疑者ですが、

今回の自身が運転していた事故車がレンタカーでないことから

大久保れもん容疑者のご両親の車の可能性もありそうですよね。

 

愛知県名古屋市名東区という場所はお金持ちの住むエリアとしても知られており、

大久保れもん容疑者はお嬢様の可能性もネットでいわれてます。

 

 

Twitterでは親のネーミングセンスについても話題が上がってますね。

 

大久保れもん容疑者の大学は?

現住所が名古屋市名東区だということは報道されてますが、

現段階では大学は特定できませんでした。

 

おそらくこの住所からだと大久保れもん容疑者は愛知県名古屋市の大学なのでは?

と推測されます。

愛知県名古屋市名東区でもっとも大久保れもん容疑者の

近くにある大学だと愛知東邦大学愛知淑徳大学がありますが、

今回のように車を日ごろから運転してたりする可能性があれば、

愛知教育大学や国立名古屋大学、国立名古屋教育大学という可能性も捨てきれません。

 

大久保れもん容疑者はソフトボールをしていたとの情報もあり、

名古屋ではソフトボールが盛んな点や今後選手を育成したいと考えてた場合

名古屋教育大学で教員の免許取得のためにこの地を選んだ可能性もあるのかもしれません。

 

大久保れもん容疑者の交友関係は?どんな暮らしを送ってるの?

大久保れもん容疑者の交友関係ですが、

今回の友人との愛知から伊豆までのドライブなどからしてもわかるように、

女子大生としての日々を謳歌してたようです。

 

引用先:ヤフーニュース

まだ20歳なのでそこまで運転経験は長くないように思う中での今回の事故。

伊豆は旅行での訪問だと考えられるためそこまで土地勘などなかったはず。

 

きっと友人と盛り上がってたのか、長距離運転で疲れてたのか、

真相はこれからなのかもしれませんが、

大久保れもん容疑者はドライブが趣味だったのかもしれませんね。

 

大久保れもん容疑者の顔写真は?

大久保れもん容疑者の特徴的な名前からして

同姓同名は珍しいかと思うのですが、

今回こちらも本人と思われるアカウントを見つけることはできませんでした。

 

ただ、Twitterで唯一顔写真があるアカウントがありましたが

こちらも大久保れもん容疑者ご本人なのかは不明です。

 

 

20歳前後の女子大生だとどれかしらSNSはされてることが多いので

もしかしたら今回の事故の一件で削除した可能性も予測されますね

 

大久保れもん容疑者の事故当時の愛車は?

こちらはマツダCX-5との情報が出ています。

 

引用先:マツダ公式サイト

マツダの中でも人気車として知られてますが、

中古車だとしても20歳で学生の大久保れもん容疑者が購入するのは難しいと考えられるため、

両親の車の可能性が高そうですね。

 

 

今回の事故では車線をまたいでオートバイと接触したため、

車の不具合などは考えられにくく大久保れもん容疑者の完全な過失といえそうです。

 

日ごろから運転慣れしてたからこその起きるべくして起きた事故なのかもしれませんね。

 

まとめ

 

今回は大久保れもん容疑者について、大学や自宅、顔写真や

交友関係に加え事故当時の愛車についてなどまとめてみました。

 

今回事故にあわれた2名の方のご冥福をいのりつつ、

同じ出来事が二度と起きないことを願うばかりです。

 

名前に罪はありませんが、今回の事故ではよくない意味で

一気にこの珍しい名前が注目されてしまったわけですが、

楽しいドライブだからこそしっかり集中することが大切だと思います。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました