モニタリングのやらせがひどい!一般人のリアクションは全部嘘?

トレンドネタ
スポンサーリンク

大人気バラエティ『ニンゲン観察バラエティモニタリング』。

日常生活では有り得ないけど、それがもしあり得たら、ニンゲンはどのような反応をするのか?というドッキリ番組として知られてますよね!

しかし、このモニタリングは放送のたびに、やらせがひどい!と言われ時に炎上するほど…

またやらせがひどいと言われる中で、その証拠や疑惑もネット上では話題になってます。

そこで今回は、モニタリングのやらせがひどい!一般人は全部嘘?ということについて、証拠や真相もふくめ調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

モニタリングのやらせがひどい!

モニタリングは、放送のたびにやらせがひどい!などと噂になっています。

ネット上では、やらせがひどいと言われる証拠なども上がってるほど(^_^;)

モニタリングは本当にやらせがひどいのでしょうか?

ここからは、モニタリングのやらせがひどいと噂された中でも特にひどいと言われたやらせとその真相に証拠などをネットの声をまとめてみました!

やらせ疑惑①ベッキーの木部さん

モニタリングではベッキーが木部という一般人に変装して行われるドッキリ企画がありました。

内容としては木部さんがベッキーだとバレずにどれだけその一般人の空間に入れるのか?またベッキーだと分かったときの一般人の反応はどうなるのか?を観察するというもの。

しかし木部さんのみならず、モニタリングでよくある、有名人が一般人にどこまでバレないかを検証するコーナーではカメラが既にあらゆる所に入っています。


中には一般人の方のかなり近くにあるものもあり、この時点で絶対にばれてますよね(笑)

それでもばれないベッキーにはネット上でやらせがひどいとの声も(^_^;)

もちろん、ベッキーも台本通りにやっているだけなので、ベッキーに罪は無いのですが…

ネット上の声ではベッキーの行動が台本とはいえ、イラッとする!などの声が上がってました(^_^;)

また先程話題になったカメラですが、モニタリングでは固定カメラと普通のテレビ用のカメラの2パターンあります。

小さな固定カメラならまだ納得ですが、普通にテレビ用のカメラなども一般人のドッキリで使われていたりするので、やらせがひどいと言われる要因のようですね。

しかもこの一般人にドッキリを仕掛けたら場合により起訴になる可能性があると指摘する声もありました。

海外では本気のドッキリを一般人に容赦なく仕掛けたりしてますが、ここは日本(笑)

モニタリングは結構過激なドッキリもあるため、どうしても過激なドッキリはやらせなのでは?と言われてしまうようです。

やらせ疑惑②有村架純の心霊ドッキリ

モニタリングでは一般人だけでなく、有名人にもドッキリを仕掛けます。

そのなかで、やらせがひどい!と言われた企画が、もし本人だけした見えない心霊現象が起きたらどうなるのか?というコーナー。

有村架純さんに対して行った心霊ドッキリの回で、あまりにもオーバーリアクションで明らかにやらせだと視聴者から言われてしまうことに…

ただこの有村架純さんに行った企画がやらせの証拠がなく、オーバーリアクションがやらせがひどい!と言われた為、何とも言いきれませんね…

しかも有村架純さんパワーでやらせでも可愛ければ良しとの声も?!(笑)

余談ですが、モニタリングでは、やらせがひどい!とあまりにも言われすぎて、その証拠や真相を集めてる視聴者も一定層いるんだとか(゚∀゚)!

やらせ疑惑③幽霊バス

モニタリングでは幽霊バスドッキリもやらせがひどい!と言われてます。

もしバスで心霊現象が起きたらどういう反応をするのかというものです。

堀田茜さんと橋本マナミさんが出演した回ではオーバーリアクションが目立ち、こちらもやらせがひどい!と炎上する事態に。

確かに時々番組を見てて、明らかに嘘っぽいリアクションとかありますよね(^_^;)

視聴者からは、実際に本当に幽霊に出会ったらこんなリアクションはしないでしょ?と言われてしまった2人。

こちらもやらせだったのでしょうか…(^_^;)

やらせ疑惑④原西ゴリラ

モニタリングの人気コーナーの一つである、原西ゴリラ。

この原西ゴリラは予め一般人役の方に原西さんがゴリラをしてることを伝えてるそうです(゚∀゚)


公式でも原西ゴリラはやらせと出されているので、こちらは間違いなくやらせであることが分かります。

これまでのやらせがひどい!やらせなのでは?という噂も、この原西ゴリラのように視聴者に事前に伝えてるやらせもあることが判明してからそういうふうに言われ始めたようです。


ここまで噂がたつ中でもなぜモニタリングからやらせが無くならないのでしょうか?

どうやら理由が2つみえてきました…

スポンサーリンク

モニタリングのやらせが無くならない理由

モニタリングのやらせがひどい!とここまでいわれてるわけですが、それでもそれぞれのコーナーはなくなってません。

それはなぜなのか?

ネット上の声を見ていきましょう!

理由①視聴率を上げるため

モニタリングのやらせが無くならない理由の一つとして視聴率があります。


テレビ番組は数多くの番組が視聴率を上げる為に日々試行錯誤してますよね。


モニタリングも勿論視聴率を何とかして獲得しようと試行錯誤した結果、やらせや過激なドッキリを仕掛ける方向へ路線変更したとされています。

モニタリングはスポンサーが後ろについてお金を出し、CMを視聴者が見ることによって収益を上げています。

そのため見る人が多いほどスポンサー側の収益も上がります。

そのためにはやらせという手段は手軽でコストが低いと考えられているそうです。

②気軽に一般人を使えない

モニタリングを代表した、数々の一般人を対象とした番組でやらせが途絶えないのは、やはりリアルな一般人にドッキリだとコンプライアンスが厳しいということが一番の要因なのかもしれません。


コンプライアンス上、本当に番組に関係のない人に迷惑が掛かってしまった場合、下手をすれば起訴されてしまいますよね(^_^;)

特にここ最近は厳しくなってる風潮が…

多大なリスクを背負い、しかもリアクションがないなどのリスクよりも、無名のタレントを使った方がいいとの声もあるようです。

スポンサーリンク

モニタリングが脱税で在宅起訴

これはやらせではなくリアルな話です(笑)

2016年の話になりますが、法人税約7100万円を脱税したとして、東京地検特捜部は法人税法違反罪で、モニタリングなどを手掛ける番組制作会社「HI-STANDARD」の立浪仁志氏を在宅起訴し、法人としても起訴したことが報道されました。


モニタリングというよりはモニタリング含む番組制作会社の脱税になるわけですが、これこそやらせであって欲しいことですよね(^_^;)


2021年現在はもちろんこのようなことはありませんが、脱税も含めて、視聴者の方が楽しめるやらせなしの楽しめる番組を今後も作っていてほしいですよね(^^)

スポンサーリンク

まとめ

今回はモニタリングのやらせがひどい!ということについてまとめてみました。

確かに番組公認のやらせもあったわけですが、現段階ではあくまでも疑惑というところです…

番組の視聴率やコンプライアンスなどの事情はあるのかもしれませんが、視聴者のために今後も視聴者が心から楽しめる番組作りをしてもらいたいですよね!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
トレンドネタ
Coccoをフォローする
Cocco's CHOICE
タイトルとURLをコピーしました