前川清成の経歴や出身学歴に評判まとめ!維新だから何しても大丈夫?

トレンドネタ
スポンサーリンク

2022年1月14日に維新の会所属議員の前川清成議員が公職選挙法違反の疑いで書類送検され話題になってます。

ネット上では『また維新の会の議員か…』と落胆の声も。

そして今回の報道で初めて前川清成議員を知った方も多いのではないでしょうか?

前川清成議員がどういう人柄で、その経歴や学歴に出身など気になりますよね。

そこで今回は維新の会所属議員である前川清成議員について、経歴や出身に学歴など調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

前川清成プロフィール

前川清成(まえかわ きよしげ)

引用元:Twitter

生年月日 1962年12月22日(59歳)

出生地 奈良県橿原市

出身校 関西大学法学部卒業

前職 弁護士

所属政党 民主党→民進党→希望の党→無所属→日本維新の会

称号 法学士(関西大学)

奈良県橿原市に生まれた前川清成議員。

お父様は大阪ガス勤務、お母様は学校給食調理員とのことですが、大学在学中にお母様が亡くなられてます。

お母様が亡くなられたことをきっかけに弁護士を志し、1987年に司法試験に合格。

弁護士としての活動もかなり華やかだった前川清成議員。

経済産業省近畿経済局顧問弁護士や大阪弁護士連合会消費者保護委員会副委員長、日本弁護士連合会評議員等を歴任し、主に消費者問題を手掛けたとのことです。

スポンサーリンク

前川清成の経歴

プロフィールでもご紹介しましたが、前川清成議員は、維新の会所属の前にも様々な政党を渡り歩いてます。

また弁護士から議員になった理由なども含めてその経歴をご紹介していきたいと思います!

2004年、第20回参議院議員通常選挙に民主党公認で立候補、初当選。

しかし選挙翌日の7月12日の朝、近鉄大和西大寺駅前での街頭演説において公職選挙法で禁止されている当選お礼を行ったとして、辻山清の告発を受け、書類送検されています。

しかし、この件に関しては、奈良地検が公選法は当選の答礼を『言い歩く』ことを規制しているが、捜査の結果、これには当たらず、罪にならないと判断しとし、公職選挙法違反にはなりませんでした。

2007年9月には、民主党副幹事長に就任。

2011年、参議院経済産業委員長に就任。

2012年、内閣府副大臣に就任。

民主党の下野後、民主党次の内閣「ネクスト法務大臣」、同憲法調査会事務局長に就任。

2013年、議院運営委員会筆頭理事に就任。

2016年第24回参議院議員通常選挙の奈良県選挙区から立候補しますが、このときは落選します。

2017年8月、第48回衆議院議員総選挙でも再び落選。

2019年4月にはこれまでの国会議員から、奈良県知事選挙に鞍替え。

しかし、この時も現職知事に敗れて落選という結果に…(^_^;)

意外と落選続きで、順風満帆の政治家とは言えなかったようですね。

2020年8月に、日本維新の会奈良県第1区支部長に就任します。

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で比例近畿ブロックで比例復活し、衆議院議員に初当選。

ここで、日本維新の会国会議員団総務会副会長に就任します。

しかし、2022年1月14日、事前運動および法定外文書頒布など公職選挙法違反の疑いで、奈良県警によって書類送検されることに…

前川清成議員は弁護士時代から消費者問題など、国民の生活に携わる内容を扱ってきました。

だからこそ、弁護士からより国民の為に携わりたく、国会議員になられたのではないでしょうか…?

また今回の件で公職選挙法違反の疑いで書類送検となりましたが、実は過去にも疑惑の一件があったりしたことも判明しました。

だからこそ今回の一件は有権者にとっても裏切られたような気持ちになった方も多かったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

前川清成が公職選挙法違反の疑いで書類送検

2022年1月14日に報道された今回の一件。

改めてその内容についてみていきたいと思います。

捜査関係者などによると、前川氏は10月19日の衆院選公示前、「選挙区は『前川きよしげ』、比例区は『維新』とお書き下さい」などと記載された文書を複数の有権者に送り、投票を呼びかけた疑いが持たれている。

文書は選挙運動期間中にのみ使用が認められている「選挙はがき」や、はがきに宛名やメッセージなどの記入を依頼する内容で、前川氏は10月中旬ごろ、母校・関西大の卒業生らに送った疑いがあるという。

前川氏は21年12月、毎日新聞の取材に応じ、「公示後に送るための選挙はがきに宛名などの記入をお願いする『準備行為』で、事前運動には当たらない」などと説明していた。

引用元:Yahooニュース

本人は否定してるものの、前川清成議員は今回の選挙が初めてではありません。

ましてや維新の会でもある程度立場のある方なだけに、今回の発言は“言い訳”ととられてしまっても仕方ないのかもしれません。

今回の前川清成議員の報道にネットの反応をみてみると…

また維新か…との落胆の声や、まだ調べてみたら他の議員もでてくるのでは?との声も。

政治家として、本来は国民の声を聞き、国民の為に寄り添うはずが、その国民から不信感をいだかれてしまった今回の件は、前川清成議員だけでなく、維新の会や政治そのものにも影響がありそうです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は前川清成議員の経歴や出身、学歴などについてまとめてみました。

今回の件もまだ解決はしてませんが、過去にも同じような疑惑があった前川清成議員。

今後国民の為にその無くした信頼を取り戻すことができるのか?

その進退に目が離せませんね。

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
トレンドネタ
Coccoをフォローする
Cocco's CHOICE
タイトルとURLをコピーしました