赤もち診断


mochi1

赤もち診断とは?

「創造性のある子どもを作る環境を作る」
の理念に基づき、子どもの個性や才能にあった環境づくりができる知識とスキルを育成します。
子育てインストラクターが診断・分析いたします。

【赤ちゃんともち】とは?

そんな時、ママやパパが感じることは…

★この子育てであっているの?
★この子の好きなことって何だろう?
★この子の長所を伸ばしてあげたいけど長所って?

そんな不安を解決するために開発されたのが「赤ちゃんともち」です。
生年月日で分かる個性や適性(能力・才能)を分かりやすく伝えるために6タイプの「赤ちゃん」で個性を表し、10タイプの「もち」で才能を表し、「赤ちゃん」と「もち」を掛け合わせて60タイプに分類しています。
60タイプの個性の中から、きっとあなたのお子さんやあなた自身の知らなかった素顔を見つけることが出来るはずです。

【赤ちゃんともち】でわかること・わからないこと

生年月日で子どもの個性や適性(能力・才能)を分析する「赤ちゃんともち」は、「わかること」と「わからないこと」を明確に分けています。

【わかること】
【わからないこと】

mochi6

mochi7


個性や適性(能力・才能)は、それぞれに違いがあり、子ども一人一人によって必ず違います。
教育現場でも、経験値が高い先生方は子どもを見て教え方や叱り方を変えます。

実際に幼稚園や保育園に取材に行かせていただいたときも「この部分をよくがんばったね!」とオーバーに褒められてモチベーションが上がる子もいます。
「前のときよりも良くなったね」と淡々と評価されても照れながら喜んでいる子もいます。

このような「違い」を個性や適性(能力・才能)と捉え、生年月日を軸に検証をとることでわかることが、これだけたくさん増えてきました。
「赤ちゃんともち」では、この「わかること」を基準にしてまとめています。

【赤ちゃんともち】が示す個性

なんでこの子は?…という
短所と思っていることが長所に変わるポイント

mochi9

mochi10


人は誰でも相手の短所には目が行きがちです。
そして、短所は無意識にことばとして発してしまいます。

逆に長所は意識してことばにすることが必要になります。

短所として多く使われてことばを長所に変えることによってコミニュケーションの幅が広がり「やる気」・「前向き」につながります。

子育てインストラクターの流れ

STEP1
私と予定を確認し合い日程を決めて行きます。

STEP2
日程を決めたら診断される方のお名前(フルネーム)、生年月日、出生時間(不明でも大丈夫)を教えていただきます。

STEP3
診断日までに診断シートをお出ししておきます。

STEP4
診断シートをお渡しします。

【診断からわかること】
以上をお伝えさせていただきます。

料金
※表示価格はすべて税込みとなっております。

ご家族分の診断で家族診断させていただきます。